コストコのバーベキューチキンウィングに2種類のソースが美味しい

コストコのお惣菜売り場で、美味しそうなチキンがあったので購入してきました。そのチキンは、『バーベキューチキンウィング』という商品で、見た目は赤茶っぽい色のチキンで、どうやらフライされたチキンではなく、味付けされ調理されたチキンのようです。

バーベキューチキンウィング
バーベキューチキンウィング

『バーベキューチキンウィング』の原材料などをこちらに記載しています。

 

名称:惣菜

原材料名:ロースト手羽元(鶏手羽元(国産)、でん粉、その他)、リブソース(トマトピューレ、砂糖、ブラウンシュガー、糖蜜、その他)、乳化液状ドレッシング、スモークフレーバーソース、唐辛子ソース、調味料(有機酸等)、キシロース、ポリリン酸Na、香料、増粘剤(キサンタン、加工デンプン)、加工デンプン、カラメル色素、酸味料、香辛料抽出物、くん液、(原材料の一部に小麦、卵、乳、大豆、オレンジ、豚肉を含む)

正味量:1356g

 

この『バーベキューチキンウィング』の価格は、1,831円(税込)でした。また消費期限は加工日から2日間です。

透明のフタを開けるとこんな感じです。

チキンの1つ1つにこってりと、タレが付いています。チキンは味付けされているので、そのままでも食べれますが、パック内には2種類のソースが付属しているので、ディップして食べることもできます。

『バーベキューチキンウィング』に付いているこの2種類のソースには、辛めのソースと、酸味の効いたソースとがあります。

白いソースのほうは、酸っぱさのあるさっぱりとしたドレッシングで、茶色いソースのほうは、甘辛なホットソースという感じの辛さがあるソースです。

子供たちには、このホットソースは少し辛かったみたいで、白いソースのドレッシングのほうを好んで、チキンをディップして食べていました。ホットソースは、ピリッとした辛さがあるので小さなお子様や、辛いのが苦手な方には、白いソースの酸味のあるさっぱりとしたドレッシングのほうがオススメです。

また、この『バーベキューチキンウィング』は調理済みなので、電子レンジで”チン”とすれば出来上がりの手軽さ!!。包丁を使用しない調理は、ほんとうに助かります!。

コストコの『バーベキューチキンウィング』は、そのままで食べてもチキンに味が甘辛く染み込んでいて、とても美味しかったです。また、2種類のソースにディップして、いろんな味が楽しめてどちらもとても美味しかったです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
[colwrap][col2] [/col2][col2] [/col2][/colwrap]