プロ野球 ドラフト会議 2018 第2弾

注目のプロ野球ドラフト会議2018が無事終わりました。今年も甲子園で活躍した高校生はパ・リーグのチームが指名しました。

  大阪桐蔭の根尾選手(ちなみに根尾選手は投手、野手の二刀流で有名ですが学業も優秀で、 大阪桐蔭は 京都大学合格者数では全国上位にランクされていますが、根尾選手も現役合格間違いなし位の三刀流です)や報徳学園の小園選手は中日、広島にそれぞれ指名されましたが、去年の清宮選手に続き日本ハムは 金足農業の 吉田選手の指名に成功し、来年のキャンプも吉田フィーバー間違いないでしょう。

 ひと昔前は、希望球団は巨人もしくは在京セ・リーグが多かったのが、今は12球団OK、地元球団が多くなりました。

 今年のドラフトは各球団とも、補強ポイントに沿った指名ができたようですが、くじ運のある球団、くじ運のない球団(阪神などはあまりない方)ファンのとっては評価は分かれるところです。

 小さい頃からプロ野球選手に憧れて野球を始めた人の中でも、実際にプロ野球選手になれる人はごく一部、その中でも活躍できる人もごく一部です。

 夢だったプロ野球選手になれるのですから、悔いのないプロ野球人生を送ってください。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

プロ野球 ドラフト会議 2018

プロ野球ドラフト会議がいよいよ25日(木)に迫った来ました。ドラフト会議 と言えば、以前は江川問題や桑田、清原事件や逆指名に自由獲得枠などいろいろありましたが今は又、くじ引きに戻り、各球団とも熾烈な駆け引きが行われていくでしょう。

今年のドラフト の目玉は何と言っても、第100回記念の夏の甲子園を盛り上げた優勝校の大阪桐蔭の根尾選手と藤原選手、準優勝校の金足農高の吉田投手が注目ですが、大学社会人共有望な選手がたくさんいます。

近年では、ドラフト 会場にファンを招待したり、テレビ中継もただ中継するだけでなく、注目選手をドラフト 前から取材をし、ドキュメンタリー風に放送したりと工夫されてきています。

さて、今年はどの選手がどのチームに、又どんなドラマが起こるのか今から楽しみです。

にほんブログ村 ハムスターブログへ
にほんブログ村

広島カープ優勝

広島カープ優勝、セ・リーグ3連覇
まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量200GB~レンタルサーバー『HETEML

広島がセ・リーグの優勝を決めましたが、ちょっと前までは、そのまま日本シリーズに出られましたが、今はクライマックスシリーズと言うのがあり、2位と3位の勝ったチームともう一度日本シリーズの出場権を争う戦いをしないといけません。いくら優勝チームには、1勝のアドバンテージが与えられるとは言え、短期決戦なのでどうなるか分かりません。去年はDeNAに負けてしまいました。

プロ野球を盛り上げるためにも、クライマックスシリーズも必要かもしれませんが、やっぱり両リーグの優勝チームが戦う日本シリーズが見たいです。


プロ野球 優勝チームが決定?!




この時期になると、そろそろプロ野球では優勝チームが決定していきます。プロ野球ファンにとっては、ドキドキ楽しみな時期になってきましたが、ひと昔前では、そんなに野球に興味がない様な主婦たちも、ドキドキ楽しみにしていました。


それは、プロ野球チームのスポンサーになっている親会社が百貨店やデパートを持っていると、必ず優勝セールと銘打って、バーゲンセールをやっていました。もちろん今でも、やっているようですが規模もそんなに大きくなく、なんといっても、ニュース映えがせず、当時は今で言うお正月の福袋セールの様に開店前から長蛇の列が並び、開店後も物の奪い合いが起こるよ様な優勝セールが行われていました。

今は、楽天が優勝した時には、楽天グループでは優勝セールが行われていましたが、如何せんネット上の出来事なので、ニュース映えがしないようです。

百貨店やデパート、スーパーを持つ、電鉄会社や流通の会社が親会社が撤退しているので、これも時代の流れを感じます。