「クイーン ボヘミアンラプソディ」映画 大ヒット上映中

ボヘミアンラプソディ、あの名曲の題名の映画で伝説のロックバンド「クイーン」が甦る!!。

クィーンボヘミアンラプソディ
クィーンボヘミアンラプソディ

映画「ボヘミアンラプソディが公開がされると、当時を思いだして見に行く人に加えて、リアルタイムでクイーンを知らない若い人たちが大勢見に行かれているそうです。

フレディ・マーキュリー』の壮絶な波瀾万丈の人生が描かれているのと、クイーンの曲が色々なジャンルに対応して、何度か聞いた覚えのある曲が多いので受け入れやすかったのが、ヒットに繋がったと思われます。

映画の題名にもなっている「ボヘミアンラプソディ」という曲は当時ミュージックビデオが流行りだした時でもあり、大変インパクトがあるビデオで(この曲はぜひ、一度は見てもらいたい)それ以降に発表するビデオはどれも秀逸で、MTVなどでは常に上位にランキングされていました。

今まで全然クイーンを知らなかった人、名前や曲は少し知っていた人も、ぜひクイーンの曲を聴いてください。クイーンはオリジナルアルバムは15枚出していますが、ベストアルバムも何枚か出ているので気に入った曲があれば、そこから聞き広げていってください。(ちなみに私が1番好きな曲は”キラークイーン”です)YouTubeでも見ることができます。

何と言っても昔、ハマってよく聴いていたバンドが何十年たって、又人気が出てきてブームになる事はすごくうれしいです。

 

余談ですが、当時の洋楽雑誌に「ミュージックライフ」という雑誌があって、読者による人気投票があり、クイーンのドラマーはロジャー・テーラーですが、80年代にデュラン・デュランという同じイギリス出身のバンドが人気が出てきましたが(当時ニューロマンティックというジャンル”俗にビジュアル系の走り”)デュラン・デュランのドラマーもロジャー・テーラーで全くの同じ楽器担当で同姓同名でちょっとややこしかったです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
[colwrap][col2] [/col2][col2] [/col2][/colwrap]

プログレッシブ ロック

 プログレッシブ ロック   

1950年代後半、ヴォーカル、エレキギター、エレキベース、ドラムのメンバー楽器構成を中心とし、ロックンロールバンドとして登場し始めます。

有名なのはエルヴィス・プレスリーや、60年代前半から70年代前半に解散するまで世界的大ブームを起こしたビートルズなどがあります。

当時、ロック音楽をやっている者、又は聴いているだけでも不良のレッテルを貼られる様な、現代では考えられない事もありました。

60年代後半になると、プログレッシブ ロック(日本ではプログレ)と呼ばれるバンドが登場し始めました。

プログレシッブとは、先進的、前衛的、進歩的という意味ではあるが、バンドの特徴として。

・アルバムをひとつの作品として考えている。

・一曲自体が大作化し、当時ではLPレコード片面分(約22、3分)位の曲の長さの物もあった。

・演奏技術重視で、インストゥルメンタルだけの曲もあった。

・技術的で複雑に構成された曲で変拍子や転調などの多用をした。

・当時ではめずらしいかった、シンセサイザーやメロトロンなどもどんどん取り入れていた。

・ライヴでは、アルバムの曲そのままにいとも簡単に再現していた。

などです。

また、イギリス出身の、イエス、キングクリムゾン、ピンクフロイド、EL&P、ジェネシスが五大プログレバンドとして有名でありました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
[colwrap][col2] [/col2][col2] [/col2][/colwrap]