ストレスとは?ストレス発散と美容との関係性

「ストレスとは日常的に少なからず発生するもの。」と、私はそう思うのですが、人それぞれストレスに関して感じかたが違うものですよね。

しかし、日常生活において様々な要因でストレスが起きている現代であるのは確かです。例えばストレスの原因として代表的なのが精神的要因でおこるストレス。そしてその他にも、科学的要因、物理的要因、生物的要因などがあります。

 

🔵精神的要因とは(性格や社会においての人間関係、環境の変化など。)

🔵科学的要因とは(薬物やアルコール、大気汚染など。)

🔵物理的要因とは(突発的な外傷や手術、気温や気圧の変化。日常的な騒音など。)

🔵生物的要因とは(細菌や感染、花粉やウィルス、アレルギーなど。)

 

ではストレスとはどうして言われるようになったのでしょうか?

それはハンガリー系カナダ人の生理学者「ハンス・セリエ」によってストレスの研究がおこなわれ、ストレス学説が唱えられたからなのです。

ハンス・セリエは、ハンガリー系カナダ人の生理学者。ストレス学説を唱え、ストレッサーの生体反応を明らかにした。 引用元:ウィキペディア

またハンス・セリエは、全身適応症候群として3つの時期に分けました。

警告反応期

ストレッサーに対する警報を発し、ストレスに耐えるための内部環境を急速に準備する緊急反応をする時期である。

抵抗期

生体の自己防御機制としてのストレッサーへの適応反応が完成した時期で持続的なストレッサーとストレス耐性が拮抗している安定した時期である。

疲憊期

長期間にわたって継続するストレッサーに生体が対抗できなくなり、段階的にストレッサーに対する抵抗力(ストレス耐性)が衰えてくる。疲憊期の初期には、心拍・血圧・血糖値・体温が低下する。さらに疲弊状態が長期にわたって継続し、ストレッサーが弱まることがなければ、生体はさらに衰弱してくる。

引用元:ウィキペディア

さて、日常生活で発生するストレスですが、「ストレスをなくすには……‼」と考えると「ストレスの原因(根元)を絶ったらいい!」と言いたいところですが、これがなかなか根深いもので、「じゃぁ、そうしよう🎵」と簡単にはいかないものです。

ではストレスを原因から断ち切れなかったらどうしたらいいのでしょうか……

「温泉でゆったりする。紙をビリビリに破く。カラオケで大声をだす(歌う)。オンオフを切り替える。睡眠をとる。好きなものを食べる。好きな(興味がある)ことをする。仲間とおしゃべりする。自分のマイブームを作る」など、ストレス解消法にはいろんな情報や方法があります。

あと、心理的なストレス解消方法なのですが、「適当で❗」「まぁいいか~」という気持ちで受け流す方法もあります。ストレスが発生したがスルーしてしまう感じでしょうか……

しかし、ストレスを溜めないのが一番です。ストレスが溜まってきたと感じたら、自分自身にあった方法で身近で手軽にできることから試していったほうがいいのかもしれません。

そして、ストレスと美容との関係については、とても深く結びついていると思っています。ストレスが溜まると日常生活が乱れ、睡眠不足も現れることもあります。

そうなると、肌はボロボロになり目の下には血流が悪くなっておきるクマで顔色が悪くなってしまいます。また日常生活の乱れから吹き出ものもでてきます。過度なストレスを受けることにより血管の収縮や免疫機能の低下などが起こり、このような症状がおこるのです。

お肌は心の鏡」で、心の調子が良ければ自然とお肌の調子も良くなるのでしょう。

現代の大敵「ストレス」。目に見えない怪物(ストレス)にはなるべく関わりたくないものです。

にほんブログ村 ハムスターブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
[colwrap][col2] [/col2][col2] [/col2][/colwrap]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です