プロ野球 ドラフト会議 2018 第2弾

注目のプロ野球ドラフト会議2018が無事終わりました。今年も甲子園で活躍した高校生はパ・リーグのチームが指名しました。

  大阪桐蔭の根尾選手(ちなみに根尾選手は投手、野手の二刀流で有名ですが学業も優秀で、 大阪桐蔭は 京都大学合格者数では全国上位にランクされていますが、根尾選手も現役合格間違いなし位の三刀流です)や報徳学園の小園選手は中日、広島にそれぞれ指名されましたが、去年の清宮選手に続き日本ハムは 金足農業の 吉田選手の指名に成功し、来年のキャンプも吉田フィーバー間違いないでしょう。

 ひと昔前は、希望球団は巨人もしくは在京セ・リーグが多かったのが、今は12球団OK、地元球団が多くなりました。

 今年のドラフトは各球団とも、補強ポイントに沿った指名ができたようですが、くじ運のある球団、くじ運のない球団(阪神などはあまりない方)ファンのとっては評価は分かれるところです。

 小さい頃からプロ野球選手に憧れて野球を始めた人の中でも、実際にプロ野球選手になれる人はごく一部、その中でも活躍できる人もごく一部です。

 夢だったプロ野球選手になれるのですから、悔いのないプロ野球人生を送ってください。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
[colwrap][col2] [/col2][col2] [/col2][/colwrap]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です