コストコのバラエティークッキーについて。冷凍保存も可能!!

コストコのパンコーナーの一角に、定番中の定番『バラエティークッキー』が陳列されています。クッキーは今まで購入したことがなかったのですが、その『バラエティークッキー』の商品タグに【新商品】と書かれていたので試しに購入してきました。

バラエティークッキー24枚入
バラエティークッキー24枚入

このバラエティークッキーのお値段は、24枚入りで価格は998円です。計算すると1個あたり41.58円になりますので、1個あたり約42円になります。

また、クッキー1枚の大きさと重さを計ると、大きさは約8㎝~8.5㎝で、重さは約42gでした。1個あたりのクッキーがとてもボリュームがあることがわかります。

クッキー1枚が大きくそしてボリュームがあるのに、1個あたりのお値段が42円というのは、とても安いと思います。

 

クッキーの種類
 
 

『バラエティークッキー』のなかには、3種類のクッキーが入っています。

🔵イングリッシュトフィークッキー

イングリッシュトフィークッキー
イングリッシュトフィークッキー

 

名称:クッキー

原材料名:イングリッシュトフィー(小麦粉、砂糖、植物油脂、トフィー、卵、ブドウ糖、食塩)、香料、膨張剤、グリセリン、着色料(カラメル、カロチン、赤40、青1)、乳化剤、酸味料、(原材料の一部に大豆を含む)

 

原材料に含まれているトフィーとは、バターと共に糖蜜または砂糖を加熱して作る菓子のこと。クッキーの表面の所々には、キャラメルみたいな部分があり、その部分が美味しかったです。

🔵ダークチョップクッキー

ダークチョップクッキー
ダークチョップクッキー

 

名称:クッキー

原材料名:ダークチョップ(小麦粉、チョコチョップ、砂糖、マーガリン、卵、糖みつ、ブドウ糖、食塩)、香料、膨張剤、グリセリン、着色料(カラメル、カロチン、赤40、青1)、乳化剤、酸味料、(原材料の一部に大豆を含む)

 

クッキー全体にチョコチョップが入っています。また入っているチョコチョップは大きめです。原材料名ではダークチョップとなっていますが、食べるとチョコが甘いのでダークな感じはしません。

チョコがクッキーのなかに入っているので、クッキー生地はイングリッシュトフィークッキーよりも少しだけ甘さが控えめな感じです。

🔵ストロベリーホワイトチョコチョップクッキー

ストロベリーホワイトチョコチョップクッキー
ストロベリーホワイトチョコチョップクッキー

 

名称:クッキー

原材料名:ストロベリーホワイトチョコチョップ(小麦粉、砂糖、植物油脂、ホワイトチョコチョップ、卵、キャンディチョップ、コーンシロップ、乾燥いちご、バターミルクパウダー、食塩)、香料、膨張剤、グリセリン、着色料(カラメル、カロチン、赤40、青1)、乳化剤、酸味料、(原材料の一部に大豆を含む)

 

クッキーのなかには、乾燥いちごとホワイトチョコチョップなどが入っています。クッキーの甘さが乾燥いちごの酸味とあっているような感じがします。ホワイトチョコは甘めな感じでした。

『バラエティークッキー』3種類を少しずつシェアして食べてみた感想は、全体的に甘さが強めな感じがしました。しかし、1個1個味が違うので、いろんな味を楽しむことができます。

 

クッキーの保存方法

 

消費期限までクッキーを消費することができないので、残ってしまったクッキーは、冷凍保存することにしました。

冷凍保存する方法は、まずサランラップで1個1個ラップで包みます。

クッキーをサランラップで包んだところ
クッキーをサランラップで包んだところ

そしてジップロップや、タッパーなどに入れて冷凍保存します。

クッキーをジップロップに入れたところ
クッキーをジップロップに入れたところ

そして、解凍後のクッキーはそのままでも食べれますが、ザクッとした食感があまり感じられないので、オーブンで少し焼くことをオススメします。

クッキーをオーブンで軽く焼くと、外側のクッキー生地はサクサクとした感じになります。

『バラエティークッキー』はとてもボリュームがあり量も多いので、パーティーや、お友達とシェアするのもいいかと思います。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
[colwrap][col2] [/col2][col2] [/col2][/colwrap]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です