コストコのマフィン「ミックス&マッチマフィン」は安くて種類が豊富!マフィンの価格と冷凍保存方法

コストコでは定番商品のコストコのマフィン。1個のマフィンがとても大きいのが特徴です。その大きさに1度は購入するかを迷ってしまうほど……。しかし、コストパフォーマンスではすごく優れています。

マフィン1個の大きさを計ると、直径約9㎝重さが約162g(※種類によって異なる)もあり、ドシッとした重量感があります。またそのマフィンは、1パックに6個入っていてそのボリューム感には圧倒されます。

マフィンは、2種類選ぶことができ、2パックで798円です。1個あたりのお値段を計算しますと、798円÷12個=66.5円。マフィン1個あたりのお値段は約67円になるので、安くてとてもお得感があります。

今回は4種類のマフィンが並んでいたので、そのなかから「フレンチトーストマフィン」と「チョコレートチップマフィン」を購入してきました。

🔵フレンチトーストマフィン

原材料名:ケーキミックス(砂糖、小麦粉、植物油、粉末ぶどう糖、脱脂粉乳、食塩)、卵、植物油、シナモンチップス(ぶどう糖、砂糖、植物油、コーンフラワー、シナモン、コーンスターチ)、グレーズ、小麦粉、増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、膨張剤、乳化剤、香料、カラメル色素(原材料の一部に大豆を含む)

フレンチトーストマフィンをカットするとこんな感じです。

フレンチトーストといいますと、牛乳と卵で浸したパン料理の味をイメージします。このフレンチトーストマフィンも、そのような味なのかな?と思っていたのですが、実際のところ違っていました。

フレンチトーストというよりは、シナモン風味の洋菓子といったところでしょうか……。それぐらいシナモン風味がよく効いている感じがします。「シナモン?」と思いこの『フレンチトーストマフィン』の原材料を見てみると、シナモンが含まれていました。

なので、シナモンの風味が強く感じられるのかな?と思います。でも、シナモン風味のフレンチトーストマフィンも美味しかったです。また、電子レンジで温めると、マフィン生地がふわっとし、とても美味しくなるのでおすすめです。

🔵チョコレートチップマフィン

原材料名:ケーキミックス(小麦粉、砂糖、植物油、粉末ぶどう糖、脱脂粉乳、食塩)、卵、植物油、チョコレート、低脂肪ココアパウダー、増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、膨張剤、乳化剤、香料(原材料の一部に大豆を含む)

チョコレートチップマフィンをカットするとこんな感じです。

この『チョコレートチップマフィン』のなかにはチョコが入っていますが、この生地もチョコ味で出来ています。『フレンチトーストマフィン』もそうなのですが、この『チョコレートチップマフィン』も電子レンジで温めるとより一層美味しくなります。

特に『チョコレートチップマフィン』のほうは温めると、中に入っているチョコがとろ~っと溶けだし、そのチョコが生地に染みてより一層チョコの風味が感じられ、とても美味しいです。

マフィンの冷凍保存の方法

コストコのマフィンは冷凍することもできます。マフィン1個でもかなりのボリュームで、我が家ではマフィンをカットして、みんなで食べています(写真下)。

なので当然のことなのですが、マフィンは残ってしまいます。消費期限は4日ほどあるのですが、その間には食べきれません。残ったマフィンは、写真のようにカットし、1つずつラップしてから、それをジップロックに入れ、冷凍保存しています。

また解凍の方法ですが、自然解凍でOKです。自然解凍をしたマフィンをそのままで食べてもいいのですが、やはり電子レンジで温めたほうがより一層美味しくなります。

コストコマフィンは、1個1個がとても大きくボリュームがあるのに、価格は安いという、コストコ商品のなかでもとてもコストパフォーマンスに優れた商品だと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
[colwrap][col2] [/col2][col2] [/col2][/colwrap]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です