コストコチョコのCHEESE IN TRUFFE「生チョコトリュフ」は3種類の味が楽しめてとろけるような美味しさ

コストコの試食でCHEESE IN TRUFFE『生チョコトリュフ』の試食があり、美味しかったので購入してきました。

生チョコトリュフ/コストコ
生チョコトリュフ/コストコ

クレストジャパンの『生チョコトリュフ』の価格は1,368円(税込み)です。

この商品は「生チョコ」なので、お菓子売り場ではなく、冷蔵コーナーに陳列されていました。

『生チョコトリュフ』は3種類の味が楽しめるアソートになっていて、プレミアム・ラムレーズン・ハチミツの生チョコトリュフのパックが箱のなかに入っています。

生チョコトリュフは、生チョコレートと生キャラメルを贅沢にブレンドし、自家製クリームチーズをギュッとトリュフ状に包み込んだ「生チョコトリュフ」だそうです。

箱のなかには1パック6個で、3種類入っています。賞味期限は約1ヶ月ほどです。

パックのなかにはこのように、星形の可愛いピックが付いています。

 

3種類の生チョコトリュフの味と特徴

~生チョコトリュフプレミアム~

名称:チョコレート菓子

原材料名:クリームチーズ(北海道製造)、生クリーム、グラニュー糖、チョコレート(大豆を含む)、ココアパウダー加工品、蜂蜜、バター、生乳、ココアバター/トレハロース、安定剤(ゼラチン)、乳化剤、保存料(ソルビン酸K)、香料

保存方法:要冷蔵(10℃以下で保存)

製造者:株式会社クレストジャパン

プレミアムトリュフをカットするとチョコの内側はこんな感じです。

生チョコレートのなかにはぎっしりと入った、自家製クリームと真ん中にミルクジャムが入っています。

ひとくち食べると、クリームチーズの美味しさと、まわりの生チョコが合わさって絶妙な美味しさとなっています。

 

~生チョコトリュフラムレーズン~

名称:チョコレート菓子

原材料名:クリームチーズ(北海道製造)、生クリーム、グラニュー糖、チョコレート(大豆を含む)、ココアパウダー加工品、蜂蜜、バター、レーズン、生乳、ココアバター、オレンジピール砂糖漬、ラム酒/トレハロース、安定剤(ゼラチン)、乳化剤、保存料(ソルビン酸K)、香料

保存方法:要冷蔵(10℃以下で保存)

製造者:株式会社クレストジャパン

ラムレーズントリュフをカットするとチョコの内側はこんな感じです。

トリュフのなかには、自家製クリームがたっぷりと入っていて、そのなかにはカットかれたラムレーズンがところどころに入っています。

ひとくち食べると、クリームチーズとチョコの甘さのなか、ラム酒に漬け込んだレーズンの食感もあり美味しいです。

 

~生チョコトリュフハチミツ~

名称:チョコレート菓子

原材料名:クリームチーズ(北海道製造)、生クリーム、グラニュー糖、チョコレート(大豆を含む)、蜂蜜、ココアバター加工品、バター、生乳、ココアバター/安定剤(ゼラチン)、乳化剤、保存料(ソルビン酸K)、香料

保存方法:要冷蔵(10℃以下で保存)

製造者:株式会社クレストジャパン

ハチミツトリュフをカットすると、チョコの内側はこんな感じです。

トリュフのなかには、ハチミツが入った自家製クリームチーズと、真ん中にはミルクジャムが入っています。

ひとくち食べると、プレミアムトリュフ?と思ったほど味がよく似ていますが、ほんのりとハチミツの風味がするような気がします。

3種類のトリュフの原材料には蜂蜜が含まれていますが、ハチミツトリュフには少し蜂蜜が多いのかなという感じです。

コストコの『生チョコトリュフ』は、3種類の味が楽しめるチョコレートアソートです。チョコとクリームチーズというインパクトのある生チョコトリュフでしたが、たっぷりのクリームチーズと生チョコが、口のなかでふわっととろけてとても美味しい生チョコトリュフでした。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
[colwrap][col2] [/col2][col2] [/col2][/colwrap]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です