日本有数のパワースポットとして有名な戸隠神社奥院を訪れて。

時々御朱印めぐりでいろんな神社を訪れることがあります。今回は長野県にある戸隠神社奥社を訪れたときのことをお話します。

戸隠神社は日本有数のパワースポットとして、多くの人が訪れる有名な場所です。創建二千余年の歴史のある古社で、宝光社(ほうこうしゃ)・火之御子社(ひのみこしゃ)・中社(ちゅうしゃ)・奥社(おくしゃ)・九頭龍社(くずりゅうしゃ)の5つの神社が、山麓に点在しています。

戸隠山全体が聖地として祟められ、奥社参道の脇にたっている杉並木や鏡池も、パワースポットとして人気があります。また、その杉並木の中で、吉永小百合さんのCMで有名になった杉の木があります。その御神木は注連縄がかかっていて、参道では人気の場所です。

その5つの神社の1つでもある戸隠神社奥社は、その奥社までの参道がとても長く続いています。奥社までは約2㎞ぐらい歩かないといけません。(車は通れません)なので、歩きやすい靴での参拝が好ましいかもしれません。

参道に入って最初の方は平坦な道のりが続き、横には小川が流れており、大きな木の隙間からは光がさし、とても幻想的な光景を歩きながら見ていると、とても癒されてきます。 国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

 

しかしだんだんと奥の方へ進んで行くと、道なりが険しくなり途中から坂道になります。そして、段差のある石の階段を登らないといけません。休憩をしながら、休んでは階段を登ることを何度も繰り返しながらようやく奥社に到着しました。

歩くことが速い人では、30分もあれば到着することができるようなのですが、私たちはだいたい45分~50分ぐらいかかりました。そして戸隠神社奥社に着くと、多くの参拝者の人たちでいっぱいでした。

【戸隠神社奥社】は、戸隠神社の本社です。この神社では、天の岩戸を開け放った神で、天手力雄命を祀っています。岩戸をこじ開けた天の岩戸神話にちなみ、開運・心願成就・スポーツ必勝の神徳があります。この戸隠神社奥社までの参道が、かなり長く続き途中からは険しい道のりとなるので、一般で言われている参拝というよりも、登拝になります。

この戸隠神社奥社での拝殿の前では、二礼二拍手一礼をして祈願をし、最後に一礼をします。約2㎞もの参道があった道のりを歩くことにより、身体に対して浄化の意味合いがあります。祈願の際は、お願い事を明確にそして具体的に念じたほうがいいでしょう。

戸隠神社奥社では参拝のあと、お守りなどならんでいる社務所があります。その社務所では、御朱印も書いていただけます。この御朱印は、苦労して奥社まで歩き登ってきた登拝の証です。また、多くの人たちが御朱印帳を持ち、この社務所の前に並ぶこともあります。(🔽戸隠神社奥社での御朱印)

今回、戸隠神社奥社に旅行で訪れての感想は、あの長く所々に険しい道のある参道がとても印象深く思い出として残っています。

ただ約2㎞もある長い参道ではなく、幻想的な杉並木の中を歩き、横手には小川や川が流れその大自然の中を歩いていると、なんだか身体が癒されていくような感覚になりました。

『🔽最後に・・・帰りの参道にて。』

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
[colwrap][col2] [/col2][col2] [/col2][/colwrap]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です