「雑学」ガムとチョコレートを一緒に食べたときの驚き‼

国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

子供の頃学校から帰るとお菓子を買いによく駄菓子屋さんに行っていた思い出があります。

そのときにチューイングガムを噛みながら、チョコレートも口にし一緒に食べているとガムが口の中で溶けてしまって、全くガムが口の中に残らないということが何回もあった記憶がありました。

子供ながら不思議な感覚はありましたが、またそれが面白くてチョコ+ガムをセットで食べていました。

でもなぜ?チョコレートとチューイングガムを一緒に食べるとチューイングガムが溶けてなくなるのでしょうか!?

この現象は実は、ガムベース(ガムを噛んだときに口の中に塊として残る成分のこと。)が油成分となじみやすい性質をもっているからなのです。

チョコレートには油脂成分のココアバターが含まれており、それがガムベースと混ざりあってしまって、ガムベースが溶けてなくなってしまうという現象がおきるのです。

だから、チョコレートとチューイングガムを一緒に食べるとこんな不思議な現象がおきるのですね。

スポンサーリンク
[colwrap][col2] [/col2][col2] [/col2][/colwrap]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です