「雑学」世界で1番塩分濃度が低い海はどこの海❓

夏海水浴に行くと、うっかりして海の水を飲んでしまうことがあります。そのとき塩分の濃さで喉がとても渇いてしまいます。しかし、普通の海水は塩分が濃いのが当たり前ですが、世界にはきわめて塩分濃度が低い海もあるのです。

世界一塩分濃度が低い海とは、北極海のことです。北極海の海には多くの氷山が浮かんでいます。それが徐々に溶けだしそれで塩分が薄くなり、塩分濃度が低くなるのです。

では、氷山が原因で塩分濃度が低くなるのであれば、南極海も塩分濃度が低くなりどちらの海も同じ塩分濃度になるのではないでしょうか?という疑問に陥ります。

しかし実際のところ、南極海よりもだんぜん北極海の海のほうが塩分濃度が低いのです。これには理由があり、氷が大きな塊になっている南極海にくらべて、北極海には小さな氷山が多く、そのため氷が海に溶けやすいためなのです。

また北極のあたりには工業などもあり気温も上がりやすい傾向があるのです。

北極海は南極海にくらべて、様々な条件で氷山が溶けやすく、そのため世界一塩分濃度が低い海になりやすいということだったのです。

スポンサーリンク
[colwrap][col2] [/col2][col2] [/col2][/colwrap]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です