マグカップには取っ手がついているのに湯飲みには取っ手がないのはなぜ?

寒くなると温かい飲み物が好まれるようになってきます。そこでちょっとした疑問が……

なぜコーヒーカップやティーカップには取っ手があるのに、温かいお茶を入れる湯飲みには取っ手がないのでしょうか?

それは湯飲みを直接手で触れて美味しいお茶の適温がわかりやすくするためなのです。

湯飲みにお茶を入れると熱くて湯飲みが持てないときもあります。しかしお茶の温度がだんだん下がり、湯飲みを持つことでひと肌ぐらいの温かさが感じられたらちょうど飲み頃というサインになっています。

お茶の種類によって異なりますが、日本茶の多くは約60℃の温度が最適とされています。当然湯飲みによってはその厚さや大きさなどから手に伝わる温度がかわるので、職人さんが飲み頃がひと肌の温もりでわかるようにつくるのも職人技の一つです。

湯飲みは取っ手がなく、コーヒーカップやティーカップが取っ手があるのにも、昔からの伝統などからきてるのがわかります。

日本文化と西洋文化もこういう私達の身近なもので感じることができるのですね。

スポンサーリンク
[colwrap][col2] [/col2][col2] [/col2][/colwrap]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です