ビタミンCは全く酸っぱくないってほんと?

ビタミンCと聞くとイメージからいうと色は黄色で味はかなりの酸味とこたえてしまいます。よく食品やドリンクに「ビタミンC配合」という表示がされていて、「ビタミンCが入っているから酸っぱい」というイメージがやっぱりついています。

しかし、ビタミンCはほぼ無味なのです。では、なぜビタミンCと聞くと酸っぱいイメージになってしまったのだろうか……

それはその商品に表記されている内容であります。例えば、「レモン10個分のビタミンC」と書かれていると、ビタミンC=レモン=酸っぱいとなってしまうからなのです。

ビタミンCと柑橘類が表記されることによって、その表記内容から酸っぱく感じでしまうのです。

柑橘類には強いクエン酸が含まれているので、酸味の強さのイメージが強調されるのでしょう。

スポンサーリンク
[colwrap][col2] [/col2][col2] [/col2][/colwrap]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です